読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽霊と水晶玉と時々SATO

皆様こんばんは!佐藤です。


本題に入る前に...少し時間は遡り、

先日私は、社内の朝礼時に幽霊を見たという小話をさせて頂き、

昼礼時には誰にでも背後霊や守護霊といったものはいるんですよー

そういう霊は人によって数も違うんですよ。

 

というのを知った旨と、幽霊を信じすぎた故に、
私、佐藤が水晶玉を買ったりしたら全力で止めてください。hahaha!

みたいな内容を話したわけですが…


この「水晶玉 」を巡って
先日 私 佐藤 ある「やらかし
をしてしまったことをここにご報告をいたします。

とある週末にあまり飲めないお酒を飲み過ぎた佐藤。
自宅になんとか戻り、携帯を触っていたわけですが…
ここがもう 今回の「やらかし」ポイントなわけですが…(´・_・`)

この時なぜか 通販サイトAmazonのアプリを開いていて、
「そういえば、水晶玉っていくらくらいなんだろ?」ここから記憶をなくし、眠りについたわけです。

その数日後、佐藤の実家である愛知の母親から電話がきました。
内容は「水晶玉が届いた私たち家族の荷物じゃないから、そっちに送るよ。」と。

急いで注文履歴を見ると、
これを頼んでいたようです。

f:id:aceproweb:20160627201934p:plain

f:id:aceproweb:20160627202256p:plain



背筋が凍った瞬間でした。
急いで返品をして、事なきを得たわけですが...

また奇しくも運命的なものを感じたのはここです。

f:id:aceproweb:20160627202022p:plain


そうです、このJB-SATOです。

まるで、

Japan

Baka

佐藤

 

に送る水晶玉と言わんばかりです。
これはある種のメッセージだと私は感じました。

 

佐藤のバカな一面をお知らせしたところでお別れです。

ご観覧頂きありがとうございました!